英会話教材ランキング 初心者が独学するには

  • 自宅や外出先で勉強できる初心者向け英会話教材は ?

英会話を勉強するとき、どうしても教材が必要になると思います。

英語・英会話を習いたいと思っている方は多いと思いますが、小さいお子さんがいて一人で外出できないとか、仕事・勤務が忙しくて英会話スクールに通えないなどの理由で、勉強が進まないことがよくあると思います。

また、勉強方法が分からないということもあると思います。

そこで、英会話初心者、またはかつて英語を習ったけど何年もやってない「やり直し」の方に向けて、まず初めに活用するのに適当な、おすすめ英会話教材をランキング形式で、ご紹介します。

 

  • どんな点に注意すべきか
できるだけ簡単、ラクに学びたいが、いわゆる「聞き流し」教材はおすすめなのか ?

 

だれでも、簡単、ラクに学びたいですね。

そのような宣伝をしている教材もあると思います。

でも、ちょっと考えてみましょう。

一般の習い事とか資格勉強をイメージすれば分かると思います。

当然、1日や2日では身に付かないし、受け身の姿勢では進歩しません。

ある程度、集中して継続することで、少しずつ身に付いて行きます。

「聞き流し」でも、耳に入っては来ますが、受け身のままでは、お店に流れているバックグラウンド音楽と同じ。

右の耳から左の耳へと、ただサウンドが通り過ぎるだけです。

また、「聞き流し」である程度耳が慣れても、「話すこと」にはつながりません。

さらに問題は、有名な教材は、費用が高くつくことです。

何年にもわたって教材が送られて、合計すると20万円にもなります。

これも、よく考えたい点です。

 

どのような点から教材を選択すればよいか ?

 

英語・英会話は、聞き流すだけではダメです。

以下の力を身に付けましょう。

 

聴く力 まず英語の音や話しを聴き取れる耳をつくる

話す力 声を出して英語の感覚で話す力をつくる

会話する力 相手の話しに自然と応答できる力をつくる

 

まず、聴き取れること、つまり英語に耳を慣らすことが必要です。

しかし、それだけでは、単にラジオの音声を聴き取れるだけと同じですね。

次に、声を出して、ネイティブの話し方を真似ながら、英語の話し方の感覚を身に付けましょう。

つまり、日本語のように、平板な話し方でなく、またカタカナ発音でなく、英語を話せるようになることです。

最後は、相手と英語でキャッチボールするように、自然と会話できるようになることです。

 

独学するための教材で、英語力・英会話力を身に付けられるのか ?

 

経験的に正直に言いますと、やはり「実践」が一番です。

でも、それが出来ないからまずは独学ですよね。

だから、発想を変えましょう。

独学で最大限の効果を得るには、どのような教材がよいか ?

それならば、以下のアドバイスが出来ます。

 

聞き流しでよいと宣伝している教材は選ばない。

多くの教材は聴き取る力は重視しているが、話す力も重視している教材を見つける。

さらに、それだけでなく、ロールプレイのように、自分も参加して会話練習の出来る教材を見つける。

 

まとめると、以上の三点です。

英語・英会話教材はたくさんありますが、「話す力」「会話する力」を身に付けられる教材は、ごくわずかです。

これらを考慮して、以下におすすめ教材をご紹介します。

 

今おすすめできる初心者向け英会話教材ベスト3

 ① 英語ぺらぺら君中級編

 

実践的な会話力重視ならコレ

%e4%b8%ad%e7%b4%9a

この中級編は、ネイティブと、かなり突っ込んだ内容とか、感情表現を交えた内容などを話せるようになることを目標としています。

と言っても、特に難しい英単語や英文法が出て来るわけではありません。基本的には、中学・高校英語のレベルがあれば、理解できます。

むしろ、簡単な英単語やフレーズを、必要な場面で使いこなせるようになる訓練内容であると言えます。アメリカ旅行のストーリー仕立てで、軽い恋愛ムードも感じて飽きません。

レビュー記事はこちら

 ② 7+English


一歩ずつ繰り返し学習で英会話を学習したいならコレ

7engllsh

 

英語を話す時、頭の中で英作文して、簡単な英会話にも苦労するなら、この教材の方法がおすすめ。

 

よく使う英会話フレーズを丸ごと身に付けてしまうと、日常英会話には困りません。

 

ポンポンとフレーズが口から出てくるようになります。

 

また独特の七田式メソッドにより、脳の活性化が期待でき、老化予防対策にもなると思います。

レビュー記事はこちら

 

 ③ 英語ぺらぺら君初級編

 

初歩のあいさつから会話力を付けたいならコレ

%e3%81%ba%e3%82%89%e5%88%9d%e7%b4%9a

この初級編は、外国人に話しかけられると、頭の中が真っ白になって、簡単な英語が口から出て来ない方に、あいさつなどの日常英会話に困らない会話力を身に付けることを目標としています。

また、海外旅行が初めてで、英語に不安な方にも、おすすめです。

他の聞き流し教材と違って、基本的なフレーズを何回も口に出して練習したり、日本語や英語の質問に、英語で答える練習も取り入りられています。

レビュー記事はこちら

 

ベスト3の選択についての補足

 

上にご紹介したベスト3の英会話教材について、補足説明をしておきます。

これらは、英会話の初心者とかやり直しの方が、英語の感覚を基礎から学ぶのに、適していると思われる順番です。

英語一般の場合、文法、リーディング、ライティングなども必要ですが、初心者が英会話を学ぶ場合、これまでの受験英語のようなやり方では、うまく行かないと思います。

それについては、本サイトの他の記事でも、いろいろと述べてますので、細かくは触れません。

 

第1位は、中級となっていますが、難しさのレベルは中学・高校程度です。

特に、海外旅行の英会話として使うのに、もってこいの教材です。

またこれらは、ユニークな勉強方法を用いており、聴いているだけでなく、あなたもどんどん英語で答えなければなりません。

そのような訓練を重ねていくと、しだいに英語を話すことに慣れてきます。

ネイティブと対面すると緊張して話せないという方にも、英語の恐怖心を小さくするのにおすすめです。

いやでも答える訓練を続けていると、ある日、とっさに英語が口から出てくる、という成果を体験した方もいます。

もしあなたが、1か月後に海外に行くとか、外国人と話す必要があるなら、英語ぺらぺら君中級編から始めてもよいと思います。

レビュー記事はこちら

 

第2位は、七田式独特の記憶メソッドを活用した教材です。

七田式教育についてはコチラ

日常会話でよく使われるお決まりのフレーズを身に付けてしまうことに主眼があります。

それは、ネイティブの会話を分析して分かった、たった60パターンのフレーズ。

そんなに簡単に覚えられないと思うかもしれませんが、ここで威力を発揮するのが、七田式の最新メソッド。

繰り返し学習により、60日で、60パターン、600の英語フレーズを身に付けるためのメソッドです。

レビュー記事はこちら

 

第3位は、あいさつなどの初歩的な英会話から、しっかりと始めたい方のための教材です。

第1位の教材と比べて、より初心者向けになっています。

海外旅行が初めてで不安という方には、もってこいだと思います。

内容に、アメリカに旅する日本人男性が、飛行機内から入国審査受付までの会話が収録されています。

さらに、両替、タクシー乗車、ホテルへのチェックインなどのシーンがあり、よく使われる英会話フレーズを身に付けられます。

第1位の中級編ではレベルが高いと感じる方には、こちらをおすすめします。

ただし、教材の量は中級編よりも少ないです。

レビュー記事はこちら

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す