131101listenpower

150721shuhasuu

どのような教材か

教材のタイトルにもありますが、これは主として、あなたのリスニング力を鍛える教材です。
言い換えると、あなたの耳を、30日間で「英語耳」に変える教材です。
また、リスニング力だけでなく、音声を聴いて発音や会話の練習をすることで、スピーキング力も鍛えられます。

特徴は何か

アメリカ人の発音トレーニングの専門家が、科学的テクノロジーを使って、日本人の発音の弱点を克服するために作成した教材です。
彼(スコットペリー氏)は、かつて日本に滞在して、何千人もの日本人に英語を教えた経験があります。
また、近年では、アメリカに進出した芸能人や俳優(ハリウッド映画など)に対して、プライベートな発音コーチでも活躍しています。
ですから、日本人の発音など、英語の弱点を知り尽くしている方です。
そのような経歴の専門家が、科学的テクノロジーを駆使して、注目したのが、日本語と英語の音の周波数が、とても異なっている点でした。
簡単にまとめると、日本語の周波数に慣れた日本人の耳には、周波数の異なる英語が、そのままではとても聴き取りにくい、という点に注目したのです。
ですから、この教材は、日本人の耳を、英語を聴き取れる耳に変えて行くメソッドです。

どのような構成か

第1部第2部で構成されています。
それぞれのポイントが、ガイドブックで説明されています。
第1部は、サウンドトレーニングを、基礎の基礎から、繰り返し練習します。
なお、他の教材には見られない特徴ですが、レッスンの中には、英語の周波数に慣れるための特殊な効果音が、ときどき聞こえて来ます。
以下に、いくつかの例を挙げてみます。

➡アルファベットの正確な聴き取り。

➡アルファベットには、例えばCだと、CatとCellのように、異なる音で発音される場合があるので、それぞれが作り出す音をしっかりと理解する訓練。

➡英語の母音と、その母音に共通する単語グループの理解。

➡カタカナ英語との違い、例えばフットとFoot、アップルとAppleを、聴き比べて、カタカナ英語を卒業する訓練。

➡日本人が区別しにくい発音(RとLなど)について、具体例で聴き分けられる訓練。

➡ネイティブには通じない和製英語とネイティブ英語の違いの理解
(例えば、アメリカンコーヒーはRegular Coffee、フライドポテトはFrench Fries、ガソリンスタンドはGas Station)。

➡日本人的英語とネイティブ英語の聴き比べによる、話し方の違いの理解。

第2部は、長めの英語が組み入れられて、ネイティブのスピードでの音声がたびたび聞こえるようになります。
目標は、ネイティブが普通に話している英語を聞き取れるようになることにあります。
基本は、第1部からの積み上げになっており、復習を兼ねた応用が出て来ます。
以下に、いくつかの例を挙げてみます。

➡間違いやすい単語の組み合わせの例文を、正確に聴き分ける訓練。
例えば、I often WALK when I go to WORK.

➡リズムに注意して、自然な速さの英語に耳を慣らす訓練。
例えば、以下の簡単な文でも、ネイティブの速さで聴くと、戸惑うはずです。
Do you like coffee ?
What do you want to buy ?

➡仕事が終わって、レストランを予約する男女の会話を聴いて、会話のリズムを感じながら聴き取る訓練。

向いている人・いない人

  • 向いていない人

➡カタカナ英語とネイティブ英語の違いが分かる人

➡日本語にない英語の音を聴き分けられる人

➡繰り返し訓練することが苦手な人

➡リスニング力アップを目的としない人

試しに、下記の二つのサンプル音声を聴いてみてください。
音声サンプル1
上記は、日本語として使われているカタカナ英語とネイティブ英語の聞き比べ。
例えば、Car と カー、Onlyと オンリー。
よく聴くと、やはり違いますので、確かめてください。
音声サンプル2
上記は、日本人が聞き間違えやすい2つの似た音を、明確に聞き分けるドリルです。
例えば、L と R 。
この視聴サンプルには、walkとwork、readとlead が取り上げられています。

➡もしあなたが、上記のサンプル音声を聴いて、すでに理解出来ていると感じたら、この教材は必要ありません。

  • 向いている人

➡上記のサンプル音声が、あまり理解できなかった人

➡カタカナ英語を卒業して、ネイティブ英語の発音を身に付けたい人

➡ネイティブの自然な会話とリズムを理解できるようになりたい人

口コミ・レビュー

リスニングパワーは楽天市場でも販売されています。
購入者のレビュー件数は1700件以上(調査時点、以下同じ)あるので、かなり注目されている教材です。
総合評価は3.73で、採点分布は4点が最も多くなっています。
4点を付けた方のレビュー内容の一部を、まとめてみました。

「初めは些かノイズに聞こえていましたが、だんだんと慣れてきました。リスニングパワーを使用しはじめてから2週間が経ちますが、CNNニュースが徐々に聞き取れるようになりました。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzrum-2wrcni_1_216234296/?l2-id=review_PC_il_body_05)

「一ヶ月ほど聴き続けていましたが、びっくりしたのは語尾の子音が気がつくと聞き取れるようになったことです。私のように、緊張すると耳(と心)が閉じてしまうタイプにはいいかもしれません。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzrnb-bm1kem_1_213590027/?l2-id=review_PC_il_body_05)

「今まで聞こえてなかった音が聞こえるようになったと思うと同時に、発音も良くなってると感じます。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzwzz-jnclbz_1_220332346/?l2-id=review_PC_il_body_05)

次に多かった3点評価のレビュー内容の一部をまとめてみました。

「まずはbeginner用のCD1を2週間聴いてみましたが、今のところ効果が出ているのかまだわかりません。次のCD2をまた2週間聴いてみます。カタカナっぽい英語発音をしている人には、正しい発音を知るためにはとても良さそうです。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzxha-icbm3m_1_223926252/?l2-id=review_PC_il_body_05)

「イヤホンやヘッドホンで聞くのが良いということだったので、通勤時間を使って出来るのが助かります。まだこれから始めるので効果はどれくらいかわかりませんが、毎日コツコツですね。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzx7e-evmwem_1_222751818/?l2-id=review_PC_il_body_05)

3番目に多かった評価は5点だったので、同じく、レビュー内容の一部をまとめてみました。

「リスニングが重要なことは重々わかっていますが、その部分に特化した教材はほとんど無く半信半疑で購入。今日で10日目です。聞き始めから2~3日は擬音が耳障りで、少し不快感が残りましたが、1週間ほどで不快感ではなく心地よい音に変化。昨日、CNNニュース番組のキャスターの英語が、ほとんど耳に入って来たことにエッと思い、これが英語耳!と実感しました。」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzxgz-iaojwe_1_223858535/?l2-id=review_PC_il_body_05)

「多くの英語の音を耳にするのも大切だと思いますが、これを使うと英語を聴ける耳を作るプロセスを大幅に短縮することができると思います。聴き始めて2週間くらいですが、早速字幕なしで聴き取れる割りあいが増えました!」(http://review.rakuten.co.jp/item/1/247241_10000042/cgtu-hzx9z-9wi7kb_1_221457962/?l2-id=review_PC_il_body_05)

以上、ほんの一部ですが、ある程度、内容のイメージができると思います。

もっと知りたい方は、直接に「みんなのレビュー」でご確認ください。

リスニングパワーを実際に試してみると

テキストにはCD1とCD2の内容に沿って、各項目の学び方のポイントが記載されています。

順番はトラック1、トラック2と続き、だいたい初歩的なものから、少しずつレベルの高いものになっており、一歩ずつ進めていくことで、「英語耳」が養成されるように構成されています。

初めに音声でちょっと驚いたのは、公式ページにもサンプル音声がありましたが、ときどきピーとかキューンとか、いろいろな音域の音が背景音として聞こえてくることでした。聴力検査で聞こえるような音もありました。

うーん、これはたしかに、今までに体験したことのないリスニング教材です。

テキストには各トラックの学習ポイントが簡潔に記されていますので、何を目的としているのかがよく分かります。

例えば、日本語的な英語とアメリカ英語を聞き分ける(英語はアメリカ英語です)、英語では違うのに日本人が同じ発音で話してしまう単語を聞き分ける(readとleadなど)、ふつうの日本人の日本語英語とネイティブの英語を同じ文で聴き比べる、等などです。

また、話される内容の程度ですが、人によって違うと思いますが、中高程度の英語力と辞書を引くことができれば、理解困難ということはないでしょう。

ただ、話し言葉が主になっているので(英会話なので当然ですが)、それらの言い回しとか日常用語には慣れていく(並行して学習していく)ことは求められるでしょう。

分量的に、何日も聞き続けないと終わらないというものではありません。

ただ聞くだけなら、1日もかからずに終りますが、これではもちろん、学習にはなりません。

少しずつでよいので、継続しながら、繰り返し集中して、からだにしみ込ませることです。

何回も耳を慣らしていくと(「英語耳」になると)、初回に聴き取れなかったネイティブの会話が、かなり楽に聴き取れるようになったことは確かです。

リスニングパワーをより効果的に活用するには

リスニングパワーは、日本語と英語の音・発音の違いに着目して、繰り返し聞くことによって、その効果を高めようとしています。

初心者でもやり直し者でも、意欲的に取り組めば、継続した積み重ねで効果が期待できるものと思われます。

しかし、口コミの一部にも見られましたが、自宅で進めようとする場合に、リスニングパワーの進め方などについて、もう少し情報・手がかりが欲しい気がします。

例えば、どのように具体的に学習を進めたらよいか、ある程度のレベルに応じて、どこを重点的に学習したらよいかなどです。

また、最初から最後までを順番に一通り、何回も聴くとよいか、それともワンステップずつ確認しながらすすめたらよいか、等など。

これらはテキストにあればよかったと思いますが、これからなら、簡単な進め方の手引きをファイルで作ってもよいと思います。

または、購入者専用サイトにQAコーナーを設けてもよいと思います。

購入者専用サイトでは、その他のつまずきやすい箇所のFAQを掲載するとなおよいと思います。

さらに、成功者の学習法を詳細に紹介するのも参考になるでしょう。

進め方については、それぞれの性格、レベル、関心などでさまざまでしょうから、断定的に言えませんが、はじめはさっと全体を聴いてみるのもよいと思います。

おさらく初心者や英会話から遠ざかっていた人は、チンプンカンプンのことが多いでしょうし、何よりも変わった効果音にも驚くことでしょう。

ここでは、分かる必要はもちろんありません。

今の自分の理解度が分かればよいと思います。

熱心な方なら、その時点での理解の程度をメモしておいてもよいと思います。

それから、一つのステップずつ繰り返してはどうでしょうか。

聞き流すというイメージだと、ひたすらCD全体を繰り返し再生するようにも受け止めがちですが、一つの音声ファイルごとに何回か聞くという手もあります。

1日に一つだと区切りがよいかもしれません。

また、理解度を知ること、言い換えると自己テスト(検証)することは大切です。

そのために、別にネイティブの話している、少し長い音声資料があるとよいでしょう。

例えば、好きな洋画があれば、そのDVDなどです。

初めに、それを一通り聴いて、レベルをチェックしておきます。

そして、1週間、2週間程度の区切りで、また聴いてみるのです。

理解度を比べてみてください。

リスニングパワーだけに頼るのでなく、より積極的に活用すること、工夫することをしていくと、関心や集中力も高まり、おもしろくもなり、効果が出やすいと思います。

リスニングパワーの総合評価

 

リスニング力 初心者にはかなり効果が期待出来る
スピーキング力 初心者にはある程度効果が期待出来る
会話力 非該当
よく使うフレーズやパターン ある程度学習できる
現実的な目標期日の設定 30日間


ここで、まとめておきましょう。
どのような人に向いているかというと、カタカナ英語から脱却したい人、リスニングが苦手で基礎から身に付けたい人には、効果的な教材です。
また、日本語と英語の周波数の違いに耳を慣らして、英語耳を作りたい人にも効果的です。
スピーキング力については、発音を徹底的に真似ること、加えて、話しのリズムも真似ることで、ネイティブのスピーキングに近づくことが期待出来ます。
会話力については、特に該当するレッスンはありません。
これはアドバイスですが、会話音声が収録されているので、一時休止しながら、次の応答カ所を、あなたが声に出して答える訓練をするとよいでしょう。
あなたが答えた後とで、実際のネイティブの音声を聴いて、学習するのです。
その場合、その状況と担当話者について、具体的にイメージすることです。
ちょうど、演劇の役者になったつもりになれば、よいのです。
しっかりと訓練すると、話者の気持ちが分かるようになり、話すリズムも身に付くようになります。
結論的に、特にリスニング力を基礎から鍛えたい方に、おすすめです。

下の動画は、リスニングパワーの考案者であるスコットペリー氏からのメッセージです。

氏は、日本人ハリウッド女優(近年では47Roninでの柴咲コウ)などの発音トレーナーとしても活躍しています。

あなたの英語力のチェックも兼ねて、ぜひ氏の英語を聴き取ってみてください。

 

教材ご購入者限定の独自特典

本教材をご購入の方に、独自特典のプレゼントがあります。

英会話初心者の独学スタートセット !」です。

まずは、内容をご確認ください。

独自特典を見る
上記のプレゼントを、このページから、ご紹介した教材を購入いただくと、さしあげます。

ご購入方法

下記の「公式サイトへ」のボタンをクリックして、公式サイトへ進んでください。

公式サイトで、申込み(購入)ボタンをクリックします。

すると、決済画面が表示されます。

下記のように、紹介者からの特典「初心者の独学英語術シリーズ」が表示されていればOKです。

%e7%8b%ac%e8%87%aa%e7%89%b9%e5%85%b8%e4%bf%ae%e6%ad%a3

 

※ご注意 上記の独自特典の表示がないまま決済されると、独自特典は受け取れません。

※もし表示されない場合は、クッキーが有効に設定されていない可能性があります。

クッキーが有効か否かの確認サイトがありますので、参考にどうぞ。

参考サイト

それでは、下記の「公式サイトへ」のボタンをクリックして、お進みください。

ここまでお読みくださり、まことにありがとうございました。

あなたの英語上達を、心からお祈りいたします。

公式サイトへ

 

関連記事はこちら

 

おすすめの記事