どんな場面の英会話に焦点を当てるか

英会話の勉強を始めるのにあたって、まずあなたは、どんな場面で英会話を必要とするのかを明確にしておきましょう。
例えば、ビジネスでの外国人との取引ですか ?
海外出張ですか ?
職場の同僚との打ち合わせですか ?
外国人との会議での発表ですか ?
海外旅行で入国、移動、買い物、宿泊などでのやりとりですか ?
ホームステイでの会話ですか ?
洋画を英語で楽しみたいからですか ?
外国人のお客さんとの応対ですか ?
外国人と友人になって交流したいからですか ?
その他、いろいろと特殊な場面があると思います。
また、いくつか複数の場面で、英語が必要とされるかもしれません。
それらの中で、もっとも必要な場面、自信がなくて切実な場面を設定してください。
どうしても複数ある場合は、優先順位をつけてみてください。
こういう作業をしてみることで、ただ漠然と英会話を始めるよりも、しっかりと焦点の合った取り組みが出来ます。
英会話と言っても、それぞれの場面で必要とされる知識とか、使われる英語も違ってきます。
例えば、専門的な取引とか会議なら、専門用語を知る必要があります。
また、取引や会議の進行についての知識や、そこで慣例的に使われる表現なども身に付ける必要があります。
プレゼンテーションをしなければならないなら、原稿化、パワーポイント化なども必要でしょう。
しかし、海外旅行を一人でも楽しめるようになりたいというなら、必要とする知識や表現は、当然違ってきますね。
洋画を英語で聴き取れるようになりたいというなら、また違った知識や表現を知る必要があります。
そして使われる英語も、国により違いがあるし、公式の場で使われる英語、日常の場での英語、その他地域などでも違いが生じます。
まず、こういういろいろな英会話の場面の中から、一つ目標を定めましょう。
いくつも学習したい面があるなら、まず一つを終えてから、次に進みましょう。
目標が明確になると、焦点がはっきりして、やるべくことが見えてくるはずです。

コメントを残す