あなたの英語体験を検証しよう

英会話をやり直したいと思っているあなた。

まず、自分の英会話体験をふり返ってみてください。

多くの方は、中学・高校と英語を習い、多少の英会話も習ったことと思います。

さらに大学に進み、英語・英会話を勉強した方もいるでしょう。

ここまでの学校時代は、いかがでしたか ?

英語は得意でしたか、不得意でしたか ?

成績は別にして、英語は好きでしたか、嫌いでしたか ?

学校時代は、おそらく一般の日本人は、英語を教科書で学び、試験対策で、単語や文法を覚えるのに懸命だったのではないでしょうか。

また、文章の読解が中心だったと思います。

学校時代の英語は、話せることを目指すよりも、英語という外国語を勉強し、英語を通して考える力も身につけるということが主眼だったように思います。

そして、実利的には、話せるという実利でなく、試験に合格するという実利が関心の第一だったと思います。

つまり、多くの方の体験では、英会話が身につく英語学習はなかったと言ってよいでしょう。

ただ、英会話に役立たない英語であっても、英会話をほんとうにやり直すのに、無意味だったということはありません。

単語、フレーズ、文法などは、英会話のベースとして、しっかりと下支えの役割を担ってくれます。

ですから、もしどこかに教科者や参考書がしまってあるのなら、久しぶりに取り出して読み直してみてください。

英会話に役立つような内容ではないかもしれませんが、まずは、初心の頃を思い出してみるのも、決意を新たにするのによいと思いますよ。

そして今は、もう好きでない受験英語からは解放されている(?)はずですから、改めて冷静に、学校時代の英語学習を検証して下さい。

何が、英会話の上達を妨げてきたのか ?

英会話の学習自体が少なかった、教員との相性が悪かった、受験の影響で間違いに注意しすぎてスムーズに話せなかった、等など挙げられるのではないでしょうか。

いろいろと思いだしたら、これからの英会話学習に取り入れられる反省点は取り入れましょう。

逆に、その他のものは、もうここで心のゴミ箱に捨ててしまいましょう。

英会話がなかなかできない、上達しないというのは、あなたの能力のためではありません。

いろいろな悪い条件が重なってきたためです。

だって、あなたがもし、アメリカやイギリスで生まれた、または幼少の頃に滞在していたとしたら、どうだったでしょうか ?

帰国子女などの例を思い浮かべれば、分かりますよね。

あちらで生活すれば、誰だってあちらの国の言葉を話すのです。

そのことをしっかりと心にきざんで、さあ次に行きましょう !

コメントを残す