「英会話上達のポイント」を見て下さい(後でもかまいません)。

動機づけ、繰り返し、声だしでしたね。

あなたの動機は何でしょうか。

英会話をやり直す・始める、という動機です。

英語を話す外国人と付き合わないといけなくなったからですか。

仕事で英語が必要になった(海外出張・海外勤務・来日外国人接待・社内英語公用化、など)からですか。

試験や受験で必要だからですか。

英語ドラマや洋画を字幕なしで楽しみたいからですか。

その他、いろいろあると思います。

もちろん、義務的・強制的なものでなく、楽しくてワクワクするという動機もあるでしょう。

ちょっとステキな男性・女性と友達になって、もっと話ができるようになりたい、とか。

きっともう、カレ・カノジョの心を射止めるために、一所懸命になりますよね。

いずれでもかまいませんが、強い動機がある方が、よしやるぞ、という気持ちになれると思います。

強い動機を挙げるのは、次のポイントである「繰り返し」と関連するからです。

言語を習得するのですから、繰り返し実践することが求められます。

言い換えると、「継続」ということです。

思い出してください。

あなたはこれまでに、学校時代に試験や受験勉強をしてきたと思います。

あるいは、何かの資格試験の勉強もしたかもしれません。

それぞれ、一定の期間、集中して勉強したでしょう。

趣味のスポーツや習い事はどうでしょうか。

こちらは一部の人の経験かもしれませんね。

スポーツや習い事は、もしイヤイヤやったものでなければ、まさに繰り返し練習して上達してきたのではないでしょうか。

このように、動機がはっきりすることで、繰り返しにも慣れて、しだいに習慣的にもなり、楽しさも増していくものと思います。

まずは、今まで述べた基本を確認しておきましょう。

具体的なアイディアは、また別記事でご紹介します。

おすすめの記事