英語に触れる機会を増やそう

あなたは毎日、一日中、日本語を話したり聞いたりしていますよね。

英語を母国語としているネイティブの人たちも、同様です。

彼らも毎日、英語を話したり聞いたりしています。

ですからまず、毎日の生活の中で英語にたくさん接して、慣れていきましょう。

とりあえずは、何か取り組む対象を決めましょう。

英語の勉強には読むこと、書くこと、聴くこと、話すこととという四つの領域があります。

読むことや書くことは、主に学校時代に勉強してきました。

主として読むことが中心だったと思います。

そして、読んで理解して考えるというプロセスが多かったように思われます。

受験対策という現実からも、そこに重点を置いて勉強してきました。

でも、本サイトでは、英「会話」の方に重点があります。

会話ですから、聴くこと、話すことが中心です。

こちらの領域については、これまでの学校英語では、たいへん不十分な勉強であったと思います。

そこで、やり直し英語では、「聴くこと」「話すこと」に重点を置いて勉強することになります。

そして順序としておすすめしたいのは、まず「聴くこと」を通して、英語・英会話に慣れていくということです。

何か取り組む対象を決めてください。

何でもよいです。

好きな音楽、好きな洋画、好きなスポーツ番組、・・・

BGMとしてでもよいでしょう。

通勤や通学の途中でも。

英語の内容まで分からなくてもかまいません。

流れてくる音のリズムやテンポ、映像があれば、その雰囲気・表情など。

つまりは、英語が使われている状況や人々に触れることで、日本語の使われる状況との違いを感じ取ることです。

会話の言葉が、どんな雰囲気や調子で飛び交っているのか。

外国に行くと、その国の独特のリズムや雰囲気を感じます。

言葉はそれらに乗って、生きた言葉としてやりとりされます。

ですから、まずは1日の中の一定の時間、その英語の世界に入って、英会話の雰囲気を味わいましょう。

まずは、英語を聴く機会を毎日の生活に組み込んで、英語に慣れていきましょう。

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す