英語「恐怖症」の克服

英語が苦手なのは、個人の要因もありますが、日本人全体の背景要因が大きいでしょう。

あなたも思い出があるでしょうが、その一つは、学校時代の英語教育です。

英語を学習する場合に、読む、書く、話す、聴くの領域がありますが、私たちが習ってきたのは、偏った領域でした。

つまり、読解中心で、文法や難しい単語に苦しめられて来たと思います。

それは、言い換えると、受験英語とも言えるでしょう。

大学受験に必要な英語の学力を付けることに、半ば集中してきたわけです。

逆に、話すこと、聴くことについては、ほんの小さなウェイトしか、与えられなかったと思います。

細かく議論すると限りなくなるので、ざっくりと結論的に言えば、学校の英語では、話すこと、聴くことを、ほとんど教えてもらわなかったということです。

ですから、あなたが悪いのではないのです。

 

日本人の「内気」

 

次に、日本人を海外と比較すると、「親切」とか「礼儀正しい」と評価されるようです。

テレビで、外国人観光客が、日本人の親切さを讃える場面が、よく見られます。

その他、いろいろと優れた面があると思いますが、一つ気になるのが、「内気」「恥ずかしがり」(shy)という評価です。

これ自体は、悪いとは思いませんが、英語の上達という点からは、少しブレーキをかける要因になっていると思われます。

つまり、外国人と会話するときに、自分から話しかけるということに抵抗感が強く、ついつい消極的になってしまうのでは、ないでしょうか。

これは、個人の要因とも言えますが、日本人に共通する要因とも見なせるでしょう。

 

「間違いへの心配」の克服と気持ちの転換

 

これまで見てきたことをまとめて、英語「恐怖症」の克服を、考えてみましょう。
一つは、受験英語の「精神構造」から抜け出すことです。

その大きなポイントは、間違うことに神経質にならないこと。

受験では、必ず正解があり、「正しい英語」を要求されました。

その「トラウマ」が、今も付きまとっているのです。

実際の会話力を付けるには、むしろ間違った経験から、多くを学ぶのではないでしょうか。

もう一つは、受け身の姿勢から抜け出すことです。

もちろん、カンタンではないかもしれません。

国民性であるし、長い歴史の中では、あまり外国人と接して来なかったわけですから。

また、英語で話すこと自体に不安があるので、自分から話そうとは、なかなか気持ちを変えられないでしょう。

これは、結局、英語が必要な環境に置かれないと、変わらないかもしれません。

つまり、必死になる状況でないと、なかなか「自意識」は変えられないと思います。

ですから、ここでの対策は、英語を必要とする環境に身を置くことが第一と言うしかありません。

もう一つ、直接的対策ではありませんが、準備段階の対策として、挙げられるものがあります。

それは、「いざ本番 !」に備えて、気後れしないで会話できるように、効果的な英語の学習をしておくことです。

学習法については、別記事で、いくつかのヒントを述べているので、参考にしてください。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す