何を聴くか

自分のレベルに合ったものから選びましょう。
できるだけ、興味のあるものから選びましょう。
すでに教材とか録音された動画・音声をお持ちの方は、自分のレベルに合いそうで、興味のもてそうな材料を選んでください。
動画・音声は、あまり長いものよりも、数分程度でも、自分の意識が集中できるものがよいでしょう。
長いものしか対象候補がない場合は、ある場面を区切ってみてください。
やはり、自分の1回の集中が途切れない程度にします。
また、教材となる動画・音声がないとか、あっても興味のあるものがない場合があるかもしれません。
その場合は、どこからか手に入れることになります。
興味のあるものか、あなたの状況によっては、好き嫌いは別にして、必要とされる場面に応用できそうな材料を探してください。
もし、なかなか見つからない場合は、とりあえずインターネット上で、無料で手に入る動画材料を探しましょう。
次の項目で、いくつかをご紹介します。

コメントを残す