英語の聞き取りが苦手 方法は ?

英語のテレビ番組とか洋画のDVDとかを、字幕なしで理解して楽しみたいという願いは、多くの方がもっているし思います。

でも実際は、所どころに聞いた覚えのある単語が耳に入ってくるものの、あとは知らない早口言葉を聞いているような感じです。

何回か繰り返して聞けば、少しは耳覚えのある単語が増えてきますが、全体は相変わらず分からずじまい。

その対策として、自分が話すことから練習する、ディクテーション(口述の書き取り)が体験的に良かったと言う方がいます。

あるいは、日本語を話すように英語を話すのではだめで、口語に特有の英語の発音を知らなければだめだ、と考える方もいます。

例えば、単語と単語の連結(リエゾン)で、

Do you like milk ?

が、「ドゥ・ユー・ライク・ミルク ?」と日本人なら発音するのに、ネイティブだと「ジュライミル ?」のように発音されて、結果、日本人には「えっ、何 ?」となってしまいます(カタカナはあくまで便宜上使っただけなので、カタカナ式で練習することをすすめているのでありません)。

ですから、話し言葉における発音のされ方に慣れないと分からないというのは、確かです。

その場合は、まずは一文ずつ、しっかりと聞き取りができるように練習することか大切です。

それから、学習するときの教材として、テレビやDVDの映像を見ながら英語を勉強するのは、一長一短があると思います。

映像がいっしょだと、音声の情報以外に、目から入ってくる情報が加わりますから、勉強としてでなく、内容そのものを理解したり楽しめればよいというなら、便利でしょう。

でも、英語の音声に慣れていくためには、耳だけに集中する期間が必要だと思います。

初めは、耳を集中させて、英語特有の音や口語での発音などについて、鍛えることです。

そして自分でも、繰り返し発音してみることです(初めは真似て)。

ただ聞き流すだけでは、効果は疑問です。

そこで、英語の聞き取りが苦手な場合、その対策・方法をまとめてみましょう。

まず、英語そのものの音声について、日本語にない音声がいくつもあるので、それらを聞き取れるようになる訓練をすることです。

例えば、よく言われるRとLの区別のように、英語の音声そのものを、カタカナでなく英語そのもので、耳が聞き取れるようにすることです。

次に、先ほどのリエゾンの例のように、口語における発音変化について理解し、耳を訓練することです。

さらに、英語が話されるときに、日本語とは違ったリズムイントネーション言葉の強弱があるので、そういう話し方全体を理解できるようになることです。

例えば、日本語では平板な話し方になるところが、抑揚や強調があったりするので、どういう話し方なのか、またどこで区切っているか息をついているか間を取っているかなど、まさに生きている言葉として、英会話を見につけることです。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す