とっさに英語が出ない そんな不安の克服法は ?

英会話の練習でも、外国人と実際に話す場面でも、とっさに英語が出てこない、ということがあります。
これは、多くの方が経験し、また悩みとなっていることだと思います。
リスニングについては、ある程度内容がつかめても、その返答となると、言葉に詰まってしまいます。
その理由を考えながら、克服法も考えてみましょう。
一つは、ボキャブラリーが不足していること。
これは、単に単語を知らないとか表現を知らないということで、少しずつ覚えていくことで克服でき.るでしょう。
次に、日本語では答えられるけど、英語の文章が作れないということ。
特に、いくつか条件を入れたりしていくと、文章がややこしくなって、もうお手上げになります。
この克服には、まず頭の中で、日本語であれこれ考えてしまうこと自体を、反省してみる必要があります。
でも、それって、ちょっとおかしなことを述べていると思われるかもしれません。
普段、相手の英語をまず日本語で理解して、次に日本語で返答を組み立て、文法を考えて、英語に直して発生するというのは、よくやっていることだと思います。
だから、それを反省するというのは、どう受け取ったらよいでしょうか。
それは、日本語の回路を通さずに、英語の回路を頭の中に築くということです。
つまり、理想として、瞬間的・反射的に口から英語が飛び出すようになることです。
そんなことできたら苦労しないよ、と言われそうですね。
現在の段階では、まったくごもっともです。
でも、ここでふり返ってみましょう。
私たちが日本語を話す場面です。
相手から質問や提案があったとします。
ちょっと考えるかもしれませんが、ほとんど即座に答えると思います。
その時、頭の中で、あえて日本語を組み立ててから答えるようなことはしませんよね。
とっさに日本語が出てきますし、説明が必要な場合も、長い沈黙のあと、ようやく答えるなんてことはしません。
その裏では、ほとんど無意識的に、相手の言葉を理解し、回答が組み立てられているはずです。
また同時に、会話の流れも掴んで、言葉のニュアンスも感じ、相手の表情も読み込んでいるので、回答もスムーズにつながっています。
これは、日本語が身に付いているから、言われなくても当たり前だと思います。
それなら、英語でも同じことが言えるのではないでしょうか。
例えば、バイリンガルと言われる人たちは、英語を話すときは英語脳になり、日本語を話すときは日本語脳になるのではないでしょうか。
それぞれ脳の中に、英語の回路と日本語の回路が出来ているのだと思います。
私の体験ですが、かつて英国人の個人レッスンを毎週1回受けていたときのことです。
彼とは長い付き合いで、何年もレッスンが続きました。
これは、単に英会話のためというより、お互いの関心が共通だったことも大きかったと思います。
それはともかく、ある時点からのことですが、1回1時間のレッスンで、あるテキストを読んで議論していると、英語が勝手に口から出てくるようになるのです。
そのとき、相手の英語はもちろん聞き取れますし、意味もほぼ分かります。
「ほぼ」というのは、中には知らない単語とか、単語は知っていても理解できないフレーズがあったりするからです。
相手の話に対して、それが終わるや否や、私の返答や主張が口から出できます。
また、相手が話している間も、適宜、相づちなどを挿んでいます。
その時に、私の頭の中では、相手の英語を日本語に翻訳して、返答を日本語で考えて、という作業はほとんどなかったと思います。
もしあったとしても、それはほとんど瞬時だったでしょう。
つまり、彼の英語脳に対して、私の英語脳が同調していたのだと思います。
こんな体験があるので、頭の中に英語の回路を築くということが、目標になると考えているのです。
でも、こういう状態が簡単に築けるわけではないのも、もっともです。
それでは、どうしたらよいのでしょうか。
一つの提案は、英語がとっさに出てくるような訓練をすることです。
急に声をかけられて、頭が真っ白になることがないように、あえて日常で対処訓練をするのです。
具体的には、どうしたらよいでしょうか。
それは、英語で何かを尋ねられたり、語りかけられる状況を作って、それらにドンドン答えていく方法です。
このような方法は、聞き流すだけの英語教材とは異なります。
聴くことは必要ですが、こちらも能動的になることが必要です。
つまり、インタラクティブということです。
特に、自宅で、独学で英語を勉強する場合に弱点となることですが、聞き流すだけとか、ただ繰り返すだけでは不十分です。
もしあなたが、音声付の英語教材を持っているなら、こんな活用方法はどうでしょうか。
まとまりのある数分単位の英語音声を対象にします。
初めは聞き流しでかまいません。
次に、一文ずつ振り返っていきます。
その時、可能な箇所を、疑問文にしてみます。
どういうことかと言うと、該当する英文が、答えとなるように、あなたが疑問文を作るのです。
疑問文は、YesやNoでもよいですし、WhatやWhenとかWhereでも何でもよいです。
日本語で分かりやすい例を出せば、「ジョンは公務員です」なら「ジョンの職業は何ですか?」、「5時に帰宅しました」なら「何時に帰宅しましたか?」というような具合です。
簡単な英文でかまいません。
この練習は、初めはかなりきついかもしれません。
でも、慣れてくると、ただの聞き流し教材でも、英語の応用力が付くし、またリスニングテスト対策にもなるでしょう。
要は、ただオウム返しの英会話学習から脱却して、能動的に話す学習に切り替えることです。
いろいろな疑問文のパターンを作ってください。
さらに、慣れてきたら、今度は自分に対して尋ねる疑問文にも応用します。
疑問文のパターンはYesやNoと、5W1Hにまとめられますから、これらの疑問文のパターンを作って、それにあなたが自分のこととして答えるのです。
現実的でないことでもかまいません。
大切なのは、このように能動的に英会話学習に取り組むことだからです。
例えば、あなたが何かの面接を受ける状況をイメージしてもよいでしょう。
履歴や趣味などを尋ねられますね。
履歴書で挙げられている項目を参考に、問答集を作ってみるのも効果的です。
あるいは毎日、目の前の光景や状況を題材にして、疑問文を作り、自答するのです。
人前だとちょっと大声はまずいので、つぶやいてみましょう。
こういう訓練が、いざという時に、きっと役立ちます。
なお興味ある方は、このようなクエッショニング法を取り入れた、英会話の独習教材がありますので、参考にしてみてください。

 

とっさに英語が出る訓練教材

コメントを残す