"I Have A Dream"

Martin Luther King, Jr.のスピーチです。

(delivered 28 August 1963, at the Lincoln Memorial, Washington D.C.)

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(1929 – 1968)は、アメリカ合衆国の牧師で、キング牧師の名で知られています(以下、ウィキペディアを参考にしました)。

「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名なスピーチを行い、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動しました。

1964年にノーベル平和賞を受賞しました。

「I Have a Dream」は、1963年8月28日に行われたワシントン大行進において、リンカーン記念堂の前で演説を行い、その中で発せられました。

人種差別の撤廃と各人種の協和という理想を簡潔な文体と平易な言葉で訴え広く共感を呼びました。

「I Have a Dream」の含まれる一節です。

Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends.

And so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: “We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.”

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.

演説の最後の呼びかけ。

Free at last! Free at last!

Thank God Almighty, we are free at last!

それでは、本人の声に何回も耳を傾けながら、体全体で感じ取ってください。

http://www.americanrhetoric.com/speeches/mlkihaveadream.htm

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す