TOEICテストの構成

以下は、TOEIC公式サイトに基づく情報です。

TOEICテストはリスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。

テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

リスニングセクションは、会話やナレーションを聞いて解答します。

Part1は、写真描写問題(10問)。

1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送されます。

説明文は印刷されていません。

4つの説明のうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークします。

Part2は、応答問題(30問)。

1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送されます。

印刷はされていません。

設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークします。

Part3は、会話問題(30問)。

2人の人物による会話が1度だけ放送されます。

印刷はされていません。

会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送されます)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。

各会話には設問が3問ずつあります。

Part4は、説明文問題(30問)。

アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送されます。

印刷はされていません。

各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送されます)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。

各トークには質問が3問ずつあります。

リーディングセクションは、印刷された問題を読んで、設問に解答します。

Part5は、短文穴埋め問題(40問)。

不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。

Part6は、長文穴埋め問題(12問)。

不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。

Part7は、読解問題(48問(1つの文書:28問、2つの文書:20問))。

いろいろな文書が印刷されています。

設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。

各文書には設問が数問ずつあります。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す