TOEFLが大学受験資格になる!?

最近のニュースによると、国公立大学の受験資格や卒業要件に、TOEFLなどで一定以上の成績を収めることが政策課題になっています。
自民党の教育再生実行本部の提言です。
実行本部では、英語での意思疎通ができない日本人の多いことが問題視され、楽天の三木谷会長が提案したそうです。
三木谷社長の楽天では、周知のように、社内英語の公用語化が図られています。
何でも、社内食堂にも英語の文字が躍っているそう。
提言では、大学受験資格の他に、国家公務員の採用試験でもTOEFLなどを取り入れようとしています。
TOEFL導入は、大学入試改革の一つで、従来の英文読解を中心とした英語教育を一変させるかもしれません。
もっともTOEFLには、リスニングやスピーキングだけでなく、リーディングやライティングも含まれていますから、読めない、書けないでよいというわけにはいきません。
総合的に英語を勉強しなければいけませんが、これまでの読解中心の英語教育は、転換が求められるでしょう。
このように、社会や企業、そして大学でも、今後は実用的英語が重視されてくる趨勢にあります。
ただし、英語公用語化の動きには、賛否があるでしょうし、大学受験資格についても同様でしょう。
ここでは、それらについて深入りはしませんが、実用英語が必要とされていることや、英語教育がいささか偏ってきた点は、認めないわけにはいかなと思います。
特にこれから、国際化の中で仕事をしようとする人や、さまざまな交流を図りたいと思っている人には、本腰を入れて、英会話を勉強する一つのきっかけになるのではないでしょうか。
英会話力が仕事や交流の助けになることは確かですから、必要性でも楽しみのためでも、このようなニュースをよい刺激として、勉強に取り組みましょう。

コメントを残す