47roninでの柴咲コウに英語発音矯正したのは

■47Roninでハリウッド・デビューした柴咲コウ
映画の世界発表記者会見では、初めのあいさつ部分だけを英語で話しました。
彼女の英語は、日本人である程度聞き取る力のある人にとっては、ネイティブのような速さでないので、よく分かるものでした。
もっとも、本番の映画では、決められたセリフを話すのでしょうから、トレーニングを積んで、きっともっとブラッシュアップされた英語が聞けるでしょう。
おそらく英語にはこれまで慣れていなかった彼女は、英会話の基礎から勉強したのではないでしょうか。
でも、忙しい毎日のはずですから、学生のように、十分な時間を取ることはできなかったはずです。
そのような彼女に、英語の発音矯正をした先生がいました。
スコットペリー先生
彼のオフィシャルサイトには、経歴などが掲載されています。
http://www.scottsensei.com/
それによると、プロフィールは以下のようです。
25年間、日本人に特化して、独自の発音改善メソッドで英語の指導を行ってきた。
ハリウッド映画に進出した20名以上の日本人俳優を指導してきた。
日本の大学で英語発音を教える12人以上の大学教授に個人指導してきた。
国際企業での発音指導をしてきた。等など。
彼は、要するに、英語の発音矯正のスペシャリストです。
このサイトには、一般受講者の具体例が掲載されており、3か月から5か月位の受講者が英語で話している音声を聴くことができます。
実際に聴いてみると、ネイティブのように滑らかではありませんが、外国人に理解してもらえる程度には達しているのではないでしょうか。
ところで、具体例の中では、スコットペリー先生の声が聞こえますが、ところどころで流暢な日本語が出てきます。
まあ、このサイトの話題は本題ではないので、ここまでにしましょう。
柴咲コウの名前は出てきませんが、彼のサイトのニューズレターには、スコット先生が47Roninの映画撮影に携わって、ハンガリーのブダペストに滞在中の記事と写真があります。
http://www.scottsensei.com/news_letter
このような撮影現場の中で、スコット先生は、彼女に英語の発音矯正をしたのでしょう。
このように見てくると、彼女の努力がもちろんあったはずですが、英語発音矯正スペシャリストの存在は大きかったのではないでしょうか。

■ハリウッド女優だけでなくあなたも学べる

このスコット先生が日本人向けに開発した、英語発音矯正プログラムがあります。
すでに一部ではかなり知られており、ロングセラーですが、初心者ややり直しの人には、基礎から英語発音を学ぶのにはよい教材だと思います。
この際、洋画を字幕なしで楽しめるように、勉強をがんばるのもよいですね。
実際、体験者の中には学習後、ロード・オブ・ザ・リング、LOST、スパイダーマン3を観たら、聞き取りが向上したという声が寄せられています(たくさんの体験談を公式ページで読めます)。
聴ける耳を育てるならもってこい、洋画を字幕なしで観たいならコレです。

柴咲コウ等を指導したスコット先生の代表的教材のレビュー

コメントを残す