楽天など、いくつかの会社で英語が社内公用語になっています。

これからだんだんと、そういう企業や職場が増えていきそうです。

でも、今のところは、仕事や職場で英語が必要とされる方は、まだ少ないものと思います。

特に、日本人相手の仕事をしている企業などに勤めている方は、世の中でさわいでいるけど、自分にはあまり関係ないと、思っていることでしょう。

たしかに、当面は、英語が話せないと仕事ができないとか、組織から評価されないとかいうことはないでしょう。

しかし、こんなことを考えたことはありますか。

国内市場でも、競争が激しくなるなどで、最悪の場合、会社などの組織自体が倒産してしまうということ。

倒産しないまでも、自分の会社などが外資系企業に買収されて、英語が必要になり、昇進条件として評価されるようになること。

あるいは、今後新たに就職や転職を考えているなら、応募先から一定の英会話力を求められるようになること。

このような予期せぬ事態が、今後生じないとも限りません。

そのとき、英語力・英会話力をすぐに付けようとしても、さんなに促成栽培の用にはいきません。

こんどは逆に、今は英語を必要としない職場でも、もしあなたが一定の英語力を身に付けていたとしたら、どうでしょうか。

それはあなたにとって、大きなアドバンテージになります。

周りに英語が苦手な人ばかりなので、何かのときに大いに頼られる。

外国人とのつながりができれば、あなたの人脈・情報ネットワークが広がり、同僚との差ができる。

万が一、英語が昇進条件として評価されたり、転職の必要が生じても、慌てることがない。

このように、現在の立場や必要性だけに目を向けるのでなく、将来の可能性まで考えて対処すれば、あなたは大いに自信をもてるはずです。

また、そのような事態も考えて、今からしっかりと英語力・英会話力の養成に取り組めば、がぜんモチベーションも高くなり、がんばって英語に取り組めるはずです。

ぜひ、今から、自主的・積極的に英語学習を始めましょう。

 

おすすめの記事