急いで英語を覚えたい

急いで英語を覚えたいことがあると思います。
そういう状況は普段はないと思いますが、思いがけずに、英語が必要になる時があるでしょう。
本来は、急がなくてもよいのですが、背に腹は代えられない状況です。
ですから、一歩ずつ学習するようなことはできません。
また、急いでいるのですから、期間は長くは取れません。
こういう状況では、焦っているかもしれませんが、取り組む前が大切です。
時間がないので、すぐ勉強したいという気持ちは当然ですが、時間がないからこそ、最大限の効率性を考えて、ねらいを定めることが肝心です。
中途半端に内容を決めて、手当たり次第に教材を集めたりしても、思うように進まなくなったら、時間はますます無くなり、取り返しがつきません。
そこで、事前によく検討したうえで、その後は、集中して取り組むことです。
まず、前提として、お金をかけて準備できるのか、また普段の生活行動以外に通ったりする時間がとれるのかを、考えてください。
お金をかけられて、どこかに通う時間がとれるなら、英会話スクールでプライベートレッスンを受けるのが、一つの選択肢になります。
ただ、1週間に1~2回、1か月で5~10回通うとして、何万円とかかることは承知しておかなければなりません。
ここでは、できるだけお金をかけないで、また自宅や外出時にできる対策を中心に、考えてみます。
次に、英語の何を、いつまでに覚えたいのかを、改めて自分に問いただしてください。
それは具体的に、どのような場面での英語でしょうか。
それと、勉強できる期間です。
この期間については、やはり1か月以上ないと、なかなか対応は困難だと思います。
10日後、2週間後ということなら、最低限、あいさつなどの日常的に最低限必要な会話に絞ることです。
そして、仕事とか重要な会議とかがあるなら、通訳を依頼するとか、事前にプロに翻訳してもらうとかして、内容がしっかり伝わることを重視すべきです。
ここでは、最低1か月以上あるとして、考えてみます。
何かテストを受けなければいけない、ということですか。
例えば、TOEICのような。
それならば、対策本などがたくさん出ていますので、書店で実際に手に取って、適切と思うものを購入することですね。
その場合、勉強できる機関にもよりますが、できるだけ一冊に絞って、何回も繰り返し、集中して勉強することです。
あれもこれもにならないことです。
それとも、面接で英語問答などがあるということでしょうか。
例えば、外資系企業への転職を目指しているとか。
それならば、よくある面接フレーズを覚え、質疑の想定問答を組み立てて、特訓するのがよいと思います。
そのような本があると思いますが、インターネットで調べても、かなりの情報を得ることができます。
例えば、「外資系転職ナビ」
http://www.gaishi-tenshoku.net/interview/interview_phrase.html
面接官からの質問例がいくつも掲載されており、さらにあなたが質問があるか尋ねられた時の質問例も載っています。
また、まとめサイトとして、NAVERまとめにも、「あこがれの海外就職!英語面接でよく聞かれる質問集」等のサイト紹介がいくつもあります。

また別の場面として、仕事関係で、外国人と交渉するとか、海外出張するとか、英会話の必要な状況があるでしょう。
この場合は、まず日常的な挨拶などの基礎会話と、仕事内容を説明・議論するのに必要な専門用語やフレーズの習得が必要になると思います。
日常会話については、簡単な挨拶レベルの本がたくさんありますので、どれか1冊を集中して学習することです。
専門用語は、本がないかもしれないので、あなたの組織にある英文資料をチェックするとか、インターネットの活用が考えられます。
仕事でなく、プライベートな海外旅行とか、個人的な付き合いとして、英語が必要になることもあるでしょう。
これも基本は、まず適当な本があれば、1冊に集中して取り組むことです。
以上のように、基本は1冊の本に集中して、繰り返し学習することです。
あるいは、外出時にも携帯して学習できる音声教材に集中して取り組むことも、有効な対策です。
これについては、あまり個別の専門的分野の音声教材は少ないと思います。
あるとしても、相当に高額(10万単位)だと思います。
需要が限られているだけに、例えば医学書がたいへん高額なように、定価は高くなります。
一つだけ、一般的な日常会話と、もう少し感情の交流があるレベルの会話を1か月で覚えたいなら、携帯機器で学習できる音声教材があります。
1か月間集中して取り組めば、初級・中級程度の方には、かなり効果的だと思います。
例えば、「英語ぺらぺら君中級編」という音声教材です。
その詳しい内容や評判とか、あなたに向いているかは、以下のサイトでチェックできます。

海外で困らない程度の英会話力を急いで身に付ける

コメントを残す