多くの日本人は、英語が苦手という意識があります。

日本語が、世界の言語の中で特殊だと感じている方も多いと思います。

そのため、英語を話すのに自信がないという感情が、いつも心のどこかにあるのではないでしょうか。

ものごとは何でもそうですが、心の奥に自信がないと、何をやっても消極的になるし、満足感も得られません。

この自信をもてないといことが、英語・英会話に取り組む場合も、見えない大きなハードルになります。

自信をもてる所まで行かなくても、せめて英語への恐怖心とか抵抗感をなくすことが、英語・英会話を上達させる基本だと思います。

そのためにまず、自信をもてない理由について、考えてみましょう。

一つは、間違うことへの不安とか恥ずかしさがあるでしょう。

これは日本人の特性だと思いますが、その裏には、完璧を求めるメンタリティーがあります。

正確性にこだわるのは、それ自体が悪いわけではありません。

しっかりと相手に内容や気持ちを伝えるのが大切です。

でも、そのこだわりが、少し度を越しているように思えます。

おそらく背景には、学校の授業や受験勉強の影響があると思います。

授業や受験ですから、正確性が第一に問われます。

また、英語に関しては、TOEICなどの検定試験の影響もありそうです。

勉強熱心なのは日本人の良い点だと思います。

ただ、英語と授業・試験との結びつきがあまりに強いことが、実際の英会話の場面に、重石となって、横たわっているのでしないでしょうか。

特にネイティブと相対して会話する場合、まるで英語の面接試験の場にいるような気持ちになっているように思えます。

通じないかもしれない、笑われるかもしれない、等などの不安が伴います。

また、英文法へのこだわりがあるでしょう。

相手の話しが理解できたとして、自分の返答を頭の中で考えて英語に直そうとします。

その時、現在完了形とか仮定法とか、やたら試験で試された知識に縛られて、即座に英文が組み立てられません。

そして、コトバに詰まり、「アー」とか「エー」とか唸って、固まってしまいます。

きっとあなたの顔も、相手から怖い顔に映っているでしょう。

緊張すると、無表情で怒っているような顔になってしまいます。

すると相手は、気持ちが分からず、同じようにこわばった顔になります。

ちょっと気まずい雰囲気に。

それがまた、悪循環で、ますます英語に自信をなくすということに。

さらに正確性とも関連しますが、考えるほど、難しい表現や英単語を選んでしまうこともあります。

それらの多くは、専門書や文学書には出てくるけど、日常英会話では使われない(堅苦しい、古い)ものだったりします。

あなたは、相手のネイティブから、Take it easy 、と言われたことがありますか ?

もっと気楽にとか、リラックスして、とかいうことです。

まあ、それは分かっているのですが、緊張状態は頭の理性ではコントロール出来ないのですね。

いくつかの英語に自信がないという背景を、考えて来ましたが、それではどうしたらよいのか、ということです。

それには、当たり前ですが、英語・英会話に自信をつける、少なくとも不安・抵抗感・恐怖心をなくす・小さくするための、トレーニングを積むことです。

自信のない背景にある、日本人のメンタリティーとか、個々人のメンタリティーへの対策も、根本では必要です。

でも、それは課題が大きすぎます。

そこまで行かなくても、よい教材を選択し、しっかりとトレーニングすれば、かなりの改善効果が期待できると思います。

別の例で、考えてみましょう。

例えば、スポーツとか習い事の場合です。

初歩の段階では、一流の選手とか師匠を見ると、自分にはとても出来そうもない、と感じますね。

最高のレベルでなくても、プロの2軍クラスの選手とか、習い事の先輩を見ても、同じかもしれません。

たしかに、簡単には到達出来ません。

でも、適切な指導者がいて、基礎から繰り返し訓練・修業することで、数か月後・数年後には、かなりのことが自然と出来るようになります。

その時点では、自分より初心者・後輩が出来ていて、簡単なアドバイスを出来るようになっているはずです。

自信がもてる段階までは分かりませんが、少なくとも不安・抵抗感・恐怖心はなくなっているでしょう。

これと同じで、英語・英会話も、しっかりと取り組めば、上達するし、精神面でも改善するはずです。

では、具体的には、どうしたらよいのでしょうか。

これまで挙げて来た、完璧性、正確性にこだわらずに勉強することです。

これは英会話では、特にそうです。

極端に言えば、英文法も難しい英単語も、一度忘れてしまいましょう。

実際の日常英会話は、ネイティブでも文法の間違いはあるし(平気で話しています)、英単語は中学・高校程度(専門分野の用語を除いて)で十分です。

むしろ大切なのは、それらのやさしい単語を組み合わせたよくあるフレーズとか、会話のパターンを理解し、使いこなせることです。

そして、聞き流しで覚えるだけでなく、実際の英会話場面に即して、自分もひたすら話す訓練をすることです。

具体的には、英会話問答のような訓練法で、相手の質問に答えて行くやり方が効果的です。

日本人がよくある経験・不安に、相手の質問にとっさに英語が出て来ないということがあります。

答えが浮かばない、言いたいことが英語にならない、とか。

あるいは、道で外国人から何か尋ねられたけど、半ばパニックになる、とか。

それらの大半は、そのような場面に慣れてない、訓練をしていないためだと思います。

例えば、慣れていれば、意味を確認したり、聞き返せますし、ゆっくり話してもらうように依頼も出来ます。

でも、現実は、そんな余裕もなく、半ばパニックで固まってしまうでしょう。

この対策も、訓練で、かなり改善出来ます。

英会話も、よく使うこと、繰り返し学習することなど、慣れることで、きっと上達します。

もしあなたが、独学でこのような訓練の出来る英会話教材に関心があれば、以下の記事を覗いてみると、参考になると思います。

 

独学で英会話に自信をつけるおすすめ教材

 

おすすめの記事