スピーキングは話すことですから、英語が話せるようになればよいわけですが、多くの日本人は英語が話せないとか、苦手・下手だと言われます。

ここでは、英語を話すということについて、いろいろな視点から、スピーキング上達のヒントを提供したいと思います。

まず、英語の発音で、多くの方が躓きます。

日本人の多くが、いわゆるカタカナ英語になりがちですね。

また、話す場合に、ネイティブののように流れるようなスピーチが出来ません。

あまり神経質になる必要はありませんが、本格的に勉強するなら、やはり文章で記述されている英語とは異なる、話すための英語を学びましょう。

特に、学校で読解中心の英語を学んだ方は、文法にも神経質になりがちです。

まず頭の中で英語を正しく組み立てて話そうとするのですが、それだけで疲れてしまいます。

そして、いざネイティブと対面すると、とっさに英語が出て来ないことに。

しかし、心配はご無用。

大半は、訓練し慣れてまえば解決します。

頑張りましょう。

そのような上達のためのヒントを理解するには、カテゴリー「スピーキングが上達する方法」の記事をご覧ください。

おすすめの記事