英会話でリスニング上達するには

英会話では、話すこととともに、聞くことが大切ですね。

実際にネイティブと会話する場合、どちらかというと、聞くことをまず訓練した方がよいと思います。

自分の思っていることを話すことは、もちろん大切です。

ただ、つき合いをしたり、何かの交渉・相談をする場合とかだと、相手の言うことが理解できている必要があります。

もっと端的な例としては、洋画や英語の歌を楽しむ場合です。

聞き取れないと、どうにもなりません。

そのために、リスニングの練習をたくさんすると思いますが、あなたは上達しましたか ?

リスニングの練習法として、まず発音を聞いて覚えることがあります。

特に、日本人的なカタカナ英語で覚えている場合には、もう一度、基礎からじっくりと発音を覚える必要があります。

英語の発音について、無料で聞くことのできるサイトを使ってもよいと思います。

例えば、

Merriam-Webster

単語を入れると、意味が英語で出てきます。

単語の横のスピーカーボタンを押すと、ネイティブの発音を聞くことができます。

次に、実際の訓練法として、リピーティングをしたり、シャドウイングをしたり、リエゾンを覚えたりと、いろいろ取り組むと思います。

それでも、どれか完璧な方法があるわけではなく、あなたも試行錯誤しているのではないでしょうか。

ここでは、一つの方法をご紹介します。

それはまず、ネイティブのスピーチを徹底してマネてみることです。

リスニングというと聴くことですから、一所懸命に聞き取りばかりを練習しがちです。

聞き流しという方法もありますから、それだけでも一定の効果は、あるかもしれません。

でもここでは、まずマネルことから入ってみてはどうでしょうか。

それも、ただ教科書を棒読みするようにマネルのではなく、ネイティブのリズムとかイントネーション、それに呼吸の仕方、間の付き方までもマネルのです。

日本人が、英語を話すと、とかく単調になったり、単語と単語を区切ったりして、自然で生き生きしたネイティブの話し方とは、ほど遠いものになってしまいます。

ですから、洋画で俳優が演技するように、表情も伴わせて、丸ごとマネルのです。

そうした訓練を重ねていくうちに、ネイティブと同じような感情が湧いてくると思います。

つまり、言いたいこと、強調したいこと、表したい感情や気持ちが乗り移ってくるでしょう。

強調したい言葉は強くなるでしょうし、リズムや間も体感されてくるでしょう。

このような観点から見ると、英語ぺらぺら君中級編は、教材全体にストーリーがあり、情景が想像できる上に、一文ずつマネル練習があります。

一文ずつ、徹底的にマネて、繰り返して見ましょう。

マネルのは、文字だけではなかったですね。

話している人の感情や息遣いまで体感できるように、です。

そうして繰り返すことで、英語の会話を身に付けていけば、いつの間にか、リスニング能力も向上しているはずです。

「自分が喋れる事は聞き取れる。」

これは、英語ぺらぺら君中級編の作者が語っている、英語上達者が「効果ある」と口をそろえて指摘する”法則”です。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す