あなたには、小さなお子さんがいますか ?

小学校では今、英語が教えられています。

ALT(外国語指導助手)が、日本人教師の補助をして活動しています。

英語は今や、小さな子どものときから、社会で生活していくうえでの必須項目になりました。

それにつれて、幼児英会話や子ども英会話の塾なでが盛んになりました。

私の住んでいる地域では、小学校の正門を出ると、通りのちょうど前に、民間の子ども英会話塾が開校されています。

おそらく、家計の小さくない割合を、学校以外の塾の費用が占めているのではないでしょうか。

そう、親は、子どもへの教育投資は惜しまないのです。

小中高だけでなく、大学まで入れれば、子どもを一人前にするのに、何千万円かかることでしょうか ?

それでも、自分の子どものためなら、多くの親は出費を惜しみません。

この教育投資は、よりよい生活のためには必要だ、やむを得ない、自分の夢も入っているから当然だ、ということになるのでしょう。

こういうこと自体の良し悪しは、ここでは置いておきます。

そこで、提案したいのは、あなた自身への投資もしましょう、ということです。

今の時代は、高校や大学まで行けば、よりよい暮らしが待っているという時代ではありませんよね。

ずいふん前から、生涯学習の時代と言われています。

そう、自分自身の教育に、終わりはないのです。

また、学習すればするだけ、それなりの成長が見込めます。

自分でダメだと思ったら、そこで成長は終わりですが。

もしあなたが、今の仕事のキャリアアップや豊かな老後を目指すなら、自己への教育投資は惜しむべきではないと思います。

株などのように、目に見えるリターンではないかもしれませんが、将来着実に豊かなリターンとなるはずです。

投資ですから、最低限の自分への出費はしなければなりません。

また、効率的に投資したいですよね。

投資の仕方は別にして、あなたは投資をすることで、心理的にも、投資費用は回収しなければと考えるでしょう。

この点が、無料という場合と異なる点です。

無料というのは得した気持ちになりますが、気持ちが安易になります。

また、確かめたくても、通常はサポートがありません。

どうせ無料だからと、必死に決意して取り組もうとはしません。

ですが、自分でお金を払ったものには、安易に取り組むことはないはずですし、成果が出なければ、相手にも注文をつけることができます。

お子さんだけでなく、自分にもしっかりと教育投資をして、成果をあげましょう。

おすすめの記事