英語話せない もし海外で話せたら !

英語が必須の時代になりましたが、多くの日本人は、英語を話すことが苦手です。

学校時代に、教科の英語は学習しましたが、大部分は読解や文法、そしていわゆる受験英語でした。

会話については、最近の学校教育では、多少は取り上げられるようになったでしょうが、まだまだ不十分。

ですから、実際に英語を話す必要のある場面では、さっぱり話せません。

それに、受験英語の弊害で、英語を話すことに、過度に神経質になる傾向があると思います。

それは、やたら文法にこだわったり、間違えてはいけないという、半ば強迫観念で、口から英語が出てこないのです。

たとえ出てきても、たどたどしかったり、会話と言えるような長さの英語なんて、とても話せません。

私もかつては、こんなありさまでしたが、あなたはいかがですか ?

ちょうどここに、興味深い調査結果が公表されています。

海外旅行を予定し、かつ過去に海外旅行経験がある20代~40代男女103名を対象に「海外旅行と外国語に関する意識調査」を実施したものです。
(http://japan.internet.com/wmnews/20120427/5.html)

質問は、もし海外で、現地の言葉で自由に会話ができたら、どんなことをしてみたいかで、英語に限ったわけではありませんが、もちろん主な外国語は英語ですから、参考になります。

まず、もっと外国語が話せたら、と思った場面は、「トラブルに遭ったとき」がトップで、ほぼ半数でした。

以下は、ショッピング(質問や値段交渉)レストラン道を尋ねるホテルでのチェック(イン・アウト)入国審査でした。

何か困ったときという場面で、英語(外国語)が使えないのは、本当にツライですよね。

あいさつ程度の英語しか習っていないと、こんなときはお手上げです。

そこで今度は逆に、もし海外で、現地の言葉で自由に会話ができたら、どんなことをしてみたいか、というと・・・・・

トップ3は、「現地の人しか知らない/行かない穴場にいきたい」「現地のネイティブに積極的に話しかける」という回答が22票(21%)で同率1位で、3位は「現地で友人・恋人をつくる」という回答で16票(16%)でした。

すべて、英語(外国語)がもっと話せれば、可能なことですね。

それには、当然ですが、いわゆる聞き流すだけの英語学習ではなくて、自分でも話す練習をすることが、まず必要です。

それから、聴くとか話すについても、ただ決まりきったこと(ネイティブの話す見本)を真似るだけでは不十分です。

相手の質問に答えたり、自分からも質問したり、提案したりできないといけません。

こういう英会話の練習になると、ふつうしやはり、実際のネイティブ相手に、英語レッスンを受けるのが、効果的でしょう。

でも、個人レッスンだと費用がかかるとか、忙しくて時間がとれないとか、いろいろな理由で、何とか自宅(や通勤時など)で、英会話を独学・独習したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

もしあなたが、そうならば、自宅で、よい英語教材を使って、勉強することをおすすめします。

一人で学習しても、やり方によって、十分に英会話は上達します。

とっさに英語が口から出てくる、相手に気持ちを伝える、というようなことも、練習すれば可能です。

もちろん、レストランで注文することも。

もしあなたが興味あれば、トップページから読み直してみてください。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントを残す