各レッスンは、ただ聞き流すのではありません

ネイティブが英語文を読んで、日本語文が流れるだけではありません。

各レッスンは、基本的に、以下のように進められます。

 

まず、そのレッスンでの短い会話が流れます。

これはネイティブにより、ほぼネイティブスピードで話されます。

この段階で、まずあなたの理解度をチェックすると、よいと思います。

 

次に、その日本語訳の音声が流れます。

ここで、あなたの理解度が確認できますね。

それからが、この教材のよく出来ている点です。

会話中の文について、順番に日本語での説明がなされて、一文ずつ、英語の発声練習をします。

ここであなたは、まずネイティブの発音を真似るのです。

何でも学習はそうですが、まずよく真似ることが始まりです。

真似る時は、単語の発音だけでなく、リズムやイントネーションまで、丸ごと真似てください。

繰り返し真似るうちに、英語の感覚が身に付いてくるはずです。

また、ここでは、文のパターンを理解するとともに、応用会話の練習もします。

ただ、英文の丸暗記でなく、状況に応じて会話できるように、応用力を付けることを目指します。

それから、今度は、日本語での質問に対して、あなたが英語で答えます。

外出時では大声は出せませんが、それでもつぶやいて発生してください。

英会話は、聴くだけでなく、話さないと上達しません

 

最後の練習は、イマジネーション・エクササイズです。

言い換えると、ロールプレイングのようなものです。

これは、あなたがネイティブの話の相手となって、英語の質問に対して、英語で答えるのです。

ほとんど、本番に近い状況です。

このレッスンでの仕上げです。

 

そしてまとめに、もう一度、初めに流された会話を、通して聴きます。

あなたはきっと、初めより楽にネイティブの発音を聴き取れ、理解も増していることと思います。

もちろん、初心者で1回聴いただけでは難しいかもしれませんが、何度もじっくりと繰り返して聴けば、大丈夫です。

 

音声サンプル

 

英語ぺらぺら君初級編の音声サンプルを聴くことができます。

下記のリンクをクリックしてください。

これは、レッスンがある程度進んだ段階での会話サンプルです。

ですから、本当に初心者の方には、すぐには聴き取りにくいかもしれません。

でも、実際は一から順に進められるので、あきらめるなんていけませんよ。(笑)

また、実際よりも短くなっており、編集されているので、そのつもりでお聴きください。

まず初めに、そのレッスンのゴール(目標)が説明されます。

何を学ぶのかが、明確にされるので、その習得を目指して勉強しましょう。

なお、どうしても原文を理解したい方には、原文テキストがありますから、それで確認・学習できます。

単に、ネイティブの会話を聞き流すだけでなく、自分でも声に出して答えたり、登場人物になって会話したりと、リスニングとスピーキングの両面が鍛えられます。

音声サンプル

 

 

おすすめの記事