販売者石井あきらさんがインタビュアーとなって、30代の男性・○○さん(音声では姓で読んでいます)にインタビューしています。

彼は、高卒後、トラック運転手となりましたが、ハードな勤務の中、5~10年後が心配になりました。

その後、小さな会社に転職し、営業職で働きましたが、40~50代の先輩を見ているうちに、先が見えてしまった感じがしました。

そして、思い切って、ワーキングホリデーへの参加を決めました。

でも、その頃のTOEICテストの点数は、400点ちょっとだったとか。

はっきり言って、低いです。

でも、アメリカでいろいろと体験した結果、その後のTOEICは800点になったそうです。

この違い、すごいですね。

そして今では、帰国して外資系企業に転職、収入も大幅アップ、しかもトラック運転手時代と異なり、時間にも余裕が出来ました。

職場では英語ができるのでうらやましがられたり、女性にもモテるとか。

一戸建ての家も持てるようになり、海外旅行にも公私ともに、出かけるそうです。

この間に何があったのでしょうか ?

実は、ワーキングホリデーでは、せっかく現地に行けても、日本人同士でかたまってしまう人が多くいるそうです。

ですから、あまり英語力が向上しないことも多いようです。

しかし、彼はまったく違いました。

では、どのように、アメリカで過ごしてのでしょうか ?

その内容が、特典で、具体的に語られています。

これを聴くと、学歴・資格などがなくても、こうすれば英語・英会話力は伸びるのだ、ということが分かると思います。

ぜひ、購入者特典として、英語力アップの参考にしてください。

 

おすすめの記事