特に海外旅行が初めての方、海外出張が初めての方などは、外国に行く前から準備に忙しく、またいろいろと不安があると思います。

初めてでなくても、もう少し、英語が話せるようになりたいとか、すでに海外に滞在しているけど、なかなか英会話が上達しないで悩んでいるという方も、多いことと思います。

まず、ネイティブの英語が聴き取れるだろうか、たとえ言っていることが理解できても、うまく回答できるだろうか、もう少し話の流れをスムーズに進められないだろうか、仲良くなるにはどうしたらよいだろうかなど、気になることは、いくらでも出てきます。

また、英語で聞かれて意味は分かるけど、英語での答えが出てこない、考え込んで、日本語での普通の日常会話のように、瞬間的に言葉が出てこないなど、英会話恐怖症になりかねない悩みもあるでしょう。

これまで受験英語を中心に勉強してきた日本人は、正確さにこだわりすぎる(間違いを恐れる、間違うと恥ずかしい)、文法を気にしすぎる(現在完了形、仮定法がどうだなど)、何よりも日常英会話の十分な学習をしてないなど、英会話コンプレックスは相当根深いのではないでしょうか。

ほとんどの方は、まず相手の英語を日本語に訳し、返答を日本語で考え、さらに英語に訳し(正しい単語・文法を気にして)、というプロセスを頭の中で行ってから、やっと口から英語が出てくるのではないでしょうか。

当然、返答まで、時間がかかります。

さらに、気の利いた英語表現が思い浮かばなくて、頭の中が真っ白になり、中学程度のフレーズも出てこない、ということになりがちです。

この間、単なる日常会話なのに、奇妙に長い沈黙の時間が過ぎていきます。

相手は、いぶかしく思うでしょう。

するとまた、それを感じて、パニック寸前、なんてことになるかもしれません。

普通の日常会話が、なんて疲れて重苦しい機会になってしまうことでしょうか。

こんな経験を何回かすると、もう英語・ネイティブ恐怖症寸前ですよね。

なるべくネイティブとは目を合わせない、聞こえないふりをする、少し英語の出来る知人・友人に頼り切りになってしまう、ということになります。

でもしかし、どうしても海外に行かなければならない、国内でも外国人の接待をしなければならないなど、いやでも英会話ができないとまずい、という場合もあります。

あるいは、もう少し積極的になって、ぜひとも、今の状態から抜け出して、英会話を上達させたいという場合もあるでしょう。

 

そこで、ここではあなたに、一つの提案をしたいと思います。

特に英会話初心者の方で、海外旅行とか短期の海外滞在を予定している方向きのものです。

その他のケースの方も、考え方を参考にしてもらうことが、出来ると思います。

それは、このような考え方・方針で、英会話を比較的短期に集中して勉強する方法です。

 

まず、あなたの予定している当面の目的をはっきりさせてください。

漠然と上達したいというのでなく、例えば、来月にアメリカ旅行に行く、外国人のお客様とレストランで食事して接待する、とかです。

そうしたら今回は、その状況設定に絞って、英語・英会話を集中的に勉強します。

といっても、何から手を付けたらよいのか、戸惑うかもしれませんね。

英会話とは別の例も交えて、あなたに想像してもらいながら、述べてみます。

それは、イベント企画と同じようなものだと思います。

イベント企画では、主題から構成、必要な準備など、いろいろと項目を立てて、考え、決めていきますよね。

イベントは、いろいろと総合的に準備が必要ですが、英会話の場合は、必要となる英会話だけが、当面の検討課題です。

そのように限定すると、イベントと幅広く捉えるよりも、芝居の上演に置き換えてもよいかもしれません。

 

もし、アメリカ旅行なら、あなたの具体的プランを書き出して、必ず出会う場面を中心に、各シーン(場面)を、時間経過に沿って、リストアップしてください。

あなたがアメリカ旅行する芝居のシーンを配置するのです。

例えば、国内の成田空港から飛行機に搭乗、入国審査、タクシーでホテル直行、ホテル・チェックイン、等など。

映画やテレビの旅番組の情景もイメージするとよいですね。

まあ、芝居と言っても、たいしたドラマは起こらないはずですので、時間経過に沿って、必要なシーンは組み立てられるはずです。

 

そしてここで、あなたの英会話学習の具体的課題が、絞られてきました。

短期で集中的に勉強するなら、まず必ず直面するシーンから、一通り、必要となる英会話を練習することです。

それぞれのシーンに、典型的な家会話の流れや会話パターンがあります。

例えば、入国審査なら、聞かれることと答えることは、だいたい決まったパターンがあります。

それを、芝居のシナリオ(台本)を覚えるように、まず真似て練習することです。

これは、リハーサルです。

役者は、集中して台本を理解しセリフを覚え、リハーサルを何回も繰り返しますね。

そうするうちに、自分が主人公の気持ちになり、演じ切ることができるわけです。

あなたも、典型的なシーンごとに区切って、ぜひ練習してみてください。

会話の流れやパターンを掴めるようになると、英語での応答に苦しむことが、非常に少なくなるはずです。

だって、日本語での日常会話を思い浮かべてください。

ちょっとあいさつ程度で人と話すのに、深刻に思い悩むような会話など、しませんよね。

だいたい、あいさつややり取りには、決まったパターンがありますから、半ば無意識に、言葉のやり取りをしていることもあると思います。

要は、そのようなパターンを身に付けてしまうことです。

 

また別の例えですが、このような英会話の練習方法は、就活などでの面接対策と似ています。

何の準備もしないで出かけ、面接官から、「あなたの長所と短所を教えてください。」と言われたら、すぐに返答できますか ?

ちょと試しに、考えてみてください。

「長所は、エェーと、・・・・・、そうですね。・・・・・」などと、しばらく詰まってしまうかもしれませんね。

でも逆に、面接場面での問答を想定して、何回もリハーサルを重ねて練習していたとしたら、どうでしょうか。

きっと、落ち着いて、よどみなく答えられると思います。

 

今回の英会話シーンも、基本的には同じです。

しっかりとリハーサルを重ねれば、少なくとも精神面で、不安・心配からかなり解放されるでしょう。

そして、やさしい単語さえ思い浮かばないで、立ち往生などということもないでしょう。

うまく行けば、練習の成果で、即座に英語が、口から飛び出して来るはずです。

とうか、こんなことを参考にして、自信をもってネイティブと火会話できるようにがんばってください

おすすめの記事