リスニングの勉強法は、まずネイティブの英語を真似ること、それも丸ごと真似ることです。

ここでまた、注意していただく必要があります。

それは、真似るにしても、これまでの日本人的英語発音の「刷り込み」から抜けられないまま、真似ているつもりになってしまうことです。

言い換えると、カタカナ発音から抜けられないことです。

これは一種の無意識的な変換とも言えそうですが、日本語にない英語の音を、日本語の音に置き換えて発音してしまうことが多いように見受けられます。

例えば、there が「ゼア」、this が「ズィス」、think が「シンク」とか。

これらは、自分が真似ているつもりでも、練習している中には、どこかに現れているかもしれません。

聞こえた音を日本語の音に無意識的に置き換えていないか、一度チェックしてみてください。

例えば、あなたの声を録音して(パソコンでも録音機能はあるはずです)、自分で聞いてみるのです。

そして、それをネイティブの声と比べてみてください。

きっと、何か気づくことがあると思います。

 

おすすめの記事