%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%83%bc

 

リスニングパワーは、発音矯正トレーナーで言語学者の米国人スコット・ペリー先生が、20年以上の日本人の英語指導から生まれたネイティブ耳育成プログラムです。

我々が英語を話すとき、どうしてもカタカナ英語が出てきてしまいます。

また、学校で英会話を習ったときは、学習用にゆっくりと話されていますが、日常のネイティブが話す英語は、初心者には驚くほど速くて、こちらが話す以前に、何を話しているのかが理解できません。

そのような指導経験から、スコット先生は、日本語と英語の音の違いに着目しました。

英語にはあるけど、日本語にはない音がいくつもあり、我々には聞き取れないので、それらは似ている日本語に置き換えられてしまいます。

しかし、日本語に置き換えられた””英語””をネイティブに話しても、彼らはチンプンカンプンというわけです。

このプログラムでは、まず集中的に英語の音に慣れていき、その結果、「英語耳」が作れるといいます。

その秘密は、なんと周波数への着目にあったそうです。(詳しくは公式ページに掲載されています。)

スコット先生は、芸能人シンガーなどの発音矯正やボイストレーニングもしています。

アメリカで活躍し、テレビをはじめ映画「ナチュラル・ボーン・キラーズ」「ザ・デンジャラス」などに出演した中村佐恵美さん、など。

日本では水野さ彩さんが取り組むなど、芸能人・タレントにも使用者がいます。

英語耳を獲得するということは、英語脳ができることであり、英語の思考回路ができることです。

また、副次効果として、ものごとに取り組む集中力をつけることも期待できます。

音声を聞くと、聴力検査で聞くような音などが混じっていて、実に不思議な感じで、これまでに体験したことのない英会話教材と思われるでしょう。(公式ページには音声のサンプルがあります。)

 

おすすめの記事