リスニングは真似ることから

リスニングは、発音を学ぶことと、英語特有の周波数に耳を慣らすことが大切ですが、具体的勉強法としては、ネイティブの話していることを真似ることから入るのがよいと思います。

初めはゆっくりとしたスピードでよいと思います。

何回も聴き、しだいにネイティブが話すときのナチュラルなスピードでも聞き取れる耳を作っていきます。

その時の練習法としては、リピーティングがよいと思います。

ポイントは、以下の通りです。

 

1 まず、教材の音声を聞きます。

音声に集中してを聞き、全体(そのセクション)の流れを確認します。

もし途中で分からない英語があっても、そのままにして、まずはどんな感じで音声が進んで行くのか、その流れを理解します。

 

2 テキストを確認します。

音声の流れを確認したら、テキストで聞き取れなかった単語や、文法とか注意を確認します。

テキストでも分からない単語があれば、その都度調べて理解しましょう。

これは単語やボキャブラリーの勉強にもなります。

調べて確認することは、習慣づけましょう。

 

3 音声を真似てリピートします。

いよいよ自分でも発声して、リピートします。

ネイティブの音声を流し、ひとつのセンテンスを聞いたら、ポーズを押して音声を止めます。

そして、音声を真似て、声に出してリピートします。

また、注意したいのは、言葉・センテンスをただ発声して繰り返せばよいというわけではありません。

ポイントは、ネイティブのリズム、イントネーションなど、できるだけそっくり真似することです。

つまり、丸ごと真似て、英語の実際の話し方の感覚も養うことです。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントは受け付けていません。