リスニングパワーの口コミ・評判などを見ますと、キーンという音がして、聴覚検査のようだなどという体験談が見られます。

そのため、何か不思議な、オカシナ教材かな、という疑問が湧いてくるかもしれません。

この奇妙な音は、日本人には聞こえにくい英語の周波数に慣れるための効果音で、聞きなれてくると、それほど違和感はありません。

それはともかくとして、リスニングパワーの教材には、どのセッションでも効果音が挿入されているわけではありません。

日本人にとって、間違えやすい基礎的な発音や単語を重視しています。

むしろ、そういうことを繰り返し、教えてくれる教材です。

ちょうど音声の視聴サンプルがあります。

ぜひ、聴いてみるとよいと思います。

一つは、日本人が聞き間違えやすい2つの似た音を、明確に聞き分けるドリルです。

例えば、L と R 。

この視聴サンプルには、walkとwork、readとlead が取り上げられています。

 

もう一つは、日本語として使われているカタカナ英語とネイティブ英語の聞き比べ。

例えば、Car と カー、Onlyと オンリー。

よく聴くと、やはり違いますので、確かめてください。

特に、教材の中身が分からないので、自分の耳で確かめたいという方は、ぜひどうぞ。

 

おすすめの記事