リスニングパワーにはたくさんの口コミ・評判があります。

代表的なものは、楽天のレビュー・口コミでしょう。

多くは、買って間もない方の期待や決意表明、ある程度体験した方の好意的評価が見られますが、中には効果が不明とか、解説が不十分という購入者の声が聞かれます。

解説が不十分というのは、付属のテキスト・マニュアルがあまり詳しく記載されていない点に理由があるかもしれません。

進めていく上で、つまずいたり疑問を感じやすい点などについて、よくあるQA形式ででも、まとめてあると、もっと親切でしょう。

ただこの点は、教材内容の大きな欠陥というのとは少し違うと思いますので、次の改訂があれば、販売者への要望として指摘しておきたいと思います。

ここで取り上げたいのは、効果が不明というような体験者の声について考えてみることです。

もっとも効果か不明とか、効果が疑問というような評価は、特にリスニングパワーに限らず、どのような英語教材にもあるでしょう。

使う人の期待、レベルなどと、教材の内容が一致しないということも、一つの大きな理由ではないかと思います。

これに関しては、購入前に、自分の期待や要求とマッチしているか、教材を十分に検討してみることが必要です。

もちろん、そんな評価にも達しないようなオソマツ教材も、中にはあるでしょう。

そういうことも考慮しながら、リスニングパワーの場合に戻りましょう。

 

ここでは、効果不明などという場合のケースについて、少し考えてみます。

これには、教材(というより販売者)側の要因と、使用者(購入者)側の要因があると思います。

販売者側の要因というのは、主に教材の紹介の仕方(広告内容)が挙げられると思います。

購入者側の要因というのは、主に使い方・学習態度が挙げられると思います。

前者は、広告のスペースの制約とかアピールする性質上、どうしても簡略化した言い回しで言い切ってしまうような表現になりがちです。

例えば、販売ページの冒頭に、「2週間後 字幕なしで映画を見てください !!」とあります。

映画が理解できるようになる、とは書いてありませんが、そのような期待を多少でももつような表現です。

また事実、リスニングパワー体験者の中には、2週間後、字幕なしで(相当程度に)映画が理解できるようになった方がいるとは思います。

でも、あなたも含めた皆がそうなるとは表現していませんし、何であれ、100%ということは、ふつうはあり得ません。

また読者の方でも、現代社会に広告は溢れていますから、そういう表現を鵜呑みにはしないでしょう。

でも、やはり何となく期待しちゃいますよね。

自分にも可能ではないか !

 

今度は購入者に目を移すと、そういう期待とともに、忙しい毎日の中で時間を割くので、できるだけカンタン・ラクを求める心理があるでしょう。

例えば、聞き流すだけ、という表現があれば、それならカンタン・ラクだと受け取ります。

そのような要因の相乗作用の結果、当初の期待に反して、効果が不明とか感じられない、という評価につながるように思えます。

それがすべてではもちろんありませんが、レビュー・口コミを読んでみると、そう思えるものが見受けられます。

例えば、このようなものです。

・ちゃんと聞けば効果がありそうだけど、聞きながらすぐに寝てしまう。

・聴くだけで英語が聞き取れるようになるということだったけど、あまり効果ない。

この半年ほどのレビュー・口コミをから、5点満点で2点以下の評価をチェックしてみました。

結果、思いのほか、低評価がわずかで、あまり十分には拾えませんでした。

それでもいくつか見つけた低評価の声から、期待通りでなかった事例のあったことは確かでした。

その原因は推測するしかありませんが、教材の出来栄え(独習用として)、使い手の態度がありそうです。

出来栄えというのは、上にも述べたように、独習する場合の補助テキストの問題(躓きがちな方への配慮)があるでしょう。

使い手の態度というのは、やはりカンタン・ラクに引きずられるためか、集中力の問題のように思われます。

聞き流しといっても、他の作業に気を取られたり、ぼんやりとしているのでは、やはり効果は期待できないと思います。

これは、他の類似の英語教材も同じだと思います。

 

まとめてみると、リスニングパワーの特徴を理解すること、自分に向いているかを考えること、取り組む以上は集中することが大切だと思います。

レビュー・口コミからは、平均以上の評価が大部分であるので、初めに疑問を感じる場合は購入しないこと、そうでなければ検討してみることをおすすめします。

 

おすすめの記事