リスニングパワーに向いている人は ?

“リスニングパワーは英会話の教材ですが、主としてリスニング教材です。

ご存じの方は間違えないと思いますが、英会話のリスニングに重点があるということです。

ですから、公式ページでも、「30日間ヒアリングするだけで英語耳になれる」とうたっています。

それでも、音声を聴きながら発音や会話練習をすることで、スピーキング力の上達も期待できます。

ですから、聴くことだけの学習というわけではありませんが、まずリスニングパワーの特徴を理解しておきましょう。

 

次に、リスニングパワーはどのような英会話学習者に適しているのかを述べさせていただきます。

内容は大きく2部に別れています(CD版では2枚)。

第1部は、英会話の初心者向けと思います。

基本的なサウンドトレーニングです。

第2部は、よりネイティブの日常レベルに近づいた内容です。

初心者向けというのは、そこに出てくる英単語や英文が、中学生・高校生でもだいたい理解できる内容だということです。

つまり、それらをテキストで読んでみれば、それほど難しいというわけではありません

何気なく聞き流していけば、聞き終えるのに、たいした時間はかかりません。

英会話をやり直しする方にとっては、ちょっと拍子抜けかもしれません。

ただし、だからと言って、教材がすぐに理解できる、英会話のリスニング力が上達する・身につく、ということではありません。

それは、私たち日本人の多くが誤って理解してきた英語の音について、徹底的に基礎的な習得を促しており、よくあるカタカナ英語に置き換えて理解したり、復習するだけでは、何にもならないからです。

つまり、そんなやり方では、脳の中が英語耳には置き換わらないのです。

ですから、初心者向けという意味は、テキストで英単語や英文を読めば、それほど難しいレベルではないのですが、徹底的に英語の音を理解するという点では、簡単ではありません。

特に、いちおう英会話を勉強してきた体験のある方で、なかなか英会話(特にリスニング力)が上達しないという方は、それまでの余分な知識を一度リセットして、じっくりと「聞き流す」のがよいと思います。

そのときに、自分のカタカナ英語的な部分をよく反省しながら取り組むと、効果が上がると思います。

英会話教材には、聞き流すだけでOKという広告がよく見られますが、耳が慣れてくるという点では、一つの効果があると思います。

ただし、それぞれの箇所で学習するポイントを理解して聞き流すことです(付属のテキストにポイントの説明があります)。

また、耳が慣れてきても、英単語や英文の意味が理解できないと、これは困ります。

ちょうど、お坊さんのお経が、はじめはチンプンカンプンでも耳が慣れてくると、言葉が聞こえてきますが、それでも多くの言葉の意味が分からないので、やはりお経の内容が理解できないようなものです。

その点では、リスニングパワーの英単語や英文は、特別難しいものではなく(多くが日常生活の内容)、お経のように、結局チンプンカンプンということはありませんので、心配しなくて大丈夫です。

 

まとめてみますと、リスニングパワーの英単語・英文のレベルは決して難しいものではありません。

また、教材の収録時間もそれほど長くありません。

ポイントは、この教材の主旨を理解することと、使い方だと思います。

初心者の方もやり直しの方も、英語と日本語の音の違い、カタカナ英語による理解のリセットという基本的な内容から、しっかりと英会話の基礎を勉強したい・し直したいという場合には、とてもよい教材だと思います。

 

初心者へのアドバイス

おすすめ教材はこちら

コメントは受け付けていません。